2015 Catalog



 TOKONAME Teapot The traditional style  HIRAMARU Pattern  YA-6 \6300 300cc A raw material is natural clay.
An author is a young handicraftsman with the ability. HOKURYU
常滑の急須は、平型の丸型 いわゆる平丸型が特徴です。常滑では、轆轤を回すとき同じ量の団子にした粘土を使います。これで大きさが均一になり、熟練するにつれて平型の物が作ることができるようになります。平丸形は、口も広く茶葉が入れやすくまた茶葉も広がりお茶が美味しく飲めます。




YA-99  \5000 320cc YA-15 \6200 300cc  YA-103 \5800 300cc
YA-101 \4300 320cc   YA-90 \6000 360cc  YA-74 \5300 250cc

急須は、最初胴に直接穴をあける茶漉しでしたが、次に四日市で丸い付け茶漉しができました。
胴と茶漉しが分離され分業化でるようになり急須の生産が増えた。
しかし手で穴をあける作業は、手間のかかるものでした。
戦後、常滑で機械で穴をあける、ささめ(細目)網そして類似したメッシュ網等陶器製の網が
開発されました。



YA-51 \8000 350cc YA-80 \8000 290cc YA-50 \9000 280cc
SASAME
YA-84 \6000 330cc YA-83 \60000 300cc YA-55 \5900 230cc




c

YA-105 \4000 310cc YA-106 \3700 310cc
YA-114 \3700 330cc  MESHU AMI 





YA-112 \3400 220cc  YA-116 \2600 300cc YA-118 \4000 370cc
YA-114 \3700 330cc   YA-115 \3600 350cc  YA-113 \3600 370cc


深蒸し茶の細かい茶葉のためにステンレスメッシュを使った色々な網が開発されました。


帯 網



YA-152 \4400 420cc  YA-153 \4400 420cc YA-154 *4600 320cc
YA-239 \3900 280cc YA-161 \3700 340cc YA-156 \4100 350cc

針金から板へ

ステンレスメッシュは、ステンレスの針金を編んであるためどうしても目詰まりを起こします。
ステンレスの板に穴をあけたファインアミは、この欠点を解消しました。

 Fine Ami Stainless Tea strainer
 ファイン アミ ステンレス
   
YA-452 \2400  390cc YA-451 \2700  390cc YA-454 \2800  320cc
 
 YA-458 \2800 570cc YA-457 \3000 350cc  YA-453 \3000 250cc
     
YA-462 \3200 450cc YA-0475 \3400 430cc YA-0467 \2500 500cc